尼崎で補聴器のことなら
国家資格を所持する
長洲ヒアリングへ

JR尼崎駅から徒歩10分 
1階に毛利耳鼻咽喉科様があります。
きこえの専門家の言語聴覚士と認定補聴器技能者が対応

きこえの幅について

どうも!!
長洲ヒアリング代表の宮田です(^^)/


 今回は、【きこえの幅について】のお話です。
きこえの幅ってなんですか?という声が遠くから聞こえてきそうですが、それを紐解いていきましょう!

≪目次≫
①オージオグラムを思い出そう!
②ダイナミックレンジとは?


①オージオグラムを思い出そう!

こちらの画像は、聴力検査で得られるオージオグラムです。
(きこえの検査編で詳しく説明していますので、そちらもご参照ください)




 〇が右耳×が左耳の音のきこえはじめ(以下「最小可聴閾値」)を標しています。オージオグラム左側にある値は音の大きさを、下にある値は音の高さを表しています。上を例にとると、右耳では聞こえる音の大きさを左の耳では全く聞こえないとなります。
 Uは「音が大きすぎて、長くは聞いていられない」という不快レベルを表しています。
 この最小可聴閾値と不快レベルというきこえの幅を「ダイナミックレンジ」と言います。

②ダイナミックレンジとは? ダイナミックレンジを簡単にいうと、「聞こえ始める音量からうるさいと感じる音量」の幅になります。以下の添付画像では、左耳のダイナミックレンジ(青色の範囲)を示しています。



 補聴器は、音を大きくするという機能の他にも、このダイナミックレンジに入るような様々な処理を行っています。この処理が行われることにより、不快に感じる大きさの音が補聴器から出ないようになります。

 また、最小可聴閾値が同程度だとしても、ダイナミックレンジの幅には個人差がある(不快レベルが異なる)ので、補聴器の調整も個別の対応が必要となります。



 補聴器を着け不快を感じるような大きな音を長く聞くことにより、聴力が悪化する可能性もあります。そのような方は、早めに補聴器の調整を依頼する事をお勧めします。
 もし良ければ当店でも相談受け付けていますので、お気軽に問い合わせ下さい(^^)

☆☆☆オンライン相談も受付中☆☆☆

2022/1/31

魅せる補聴器

カスタムモールド
オーダーメイドの補聴器用耳せんです。ご希望のデザインが作成可能か相談することができます。この世に1つしかない自分だけのイヤモールドを作ってみませんか(^_-)-☆
HAデコチップ
補聴器本体に取り付け可能なデコチップです。耳に掛けるタイプの補聴器なら目立つこと間違いなし!一気にお洒落に早変わりです(^_-)-☆

取扱いメーカー

長洲ヒアリング
兵庫県尼崎市長洲東通1-9-32 2F-B
090-2704-3317