尼崎で補聴器のことなら
国家資格を所持する
長洲ヒアリングへ

JR尼崎駅から徒歩10分 
1階に毛利耳鼻咽喉科様があります。
きこえの専門家の言語聴覚士と認定補聴器技能者が対応

⑥SN比

今回も複数枚添付しまーす

こんにちは!!
長洲ヒアリングの宮田です!!!

 2020年6月、梅雨真っただ中でめっきり熱くなってきましたね~(*_*;
温度も湿度も高いので、熱中症などには注意をしましょう!脱水にならないように水分補給はしっかり忘れずに!!!※時折、コーヒーや緑茶などの利尿作用のある飲み物をしっかり摂っているという方がいらっしゃいますが、水か経口補水液などをおすすめします!


 さてさて、前回芝刈り機によって「N」を小さくした記事を見ていただけたでしょうか?Nは聞きたくない音のノイズの事を指し、添付画像では「雑草」で表しています。その雑草を、芝刈り機で刈り取る事で言葉を聞き取りやすくしよう!という内容でしたね。

 そして今回は聞きたい音の「S(シグナル)」を大きくしてみよう!!という事で進めていきたいと思います♪前回はNを小さくした事で、聞き取りやすくなりましたが、Sを大きくすることでどうなっていくのでしょうか?
「S」を大きくする・・・
イメージとしては、『補聴器やスピーカーで音(S)を大きくする』という事が容易に思い浮かぶと思います。そしてそれは正しいイメージであり、必要不可欠な補助手段だと思っています。
 しかしここでは「音をどの程度、大きくするのか」という事に注意が必要です。
添付画像の②を見てください。
「N(雑草)」よりも大きくなっていますが、全体がわからないほど大きくしすぎていますね。
これまで書いてきた記事にもありましたが「大きすぎる音は逆に響いて聞き取り辛い」という事を表しています。単純に大きくすれば良いという訳では無く、適度にそして丁度良い音の大きさを目指す事が重要になります。
④の画像では丁度良い大きさに音を大きくしたため、全体が非常に見やすくなりました♪



しかし、見てください・・・
「結局、雑草邪魔やないかーい( ゚Д゚)」

最後は⑤の画像にまとめてあります。具体的な対策は、次回をお楽しみに(^_-)-☆
最後までありがとうございました!!

2020/6/16

魅せる補聴器

カスタムモールド
オーダーメイドの補聴器用耳せんです。ご希望のデザインが作成可能か相談することができます。この世に1つしかない自分だけのイヤモールドを作ってみませんか(^_-)-☆
HAデコチップ
補聴器本体に取り付け可能なデコチップです。耳に掛けるタイプの補聴器なら目立つこと間違いなし!一気にお洒落に早変わりです(^_-)-☆

取扱いメーカー

長洲ヒアリング
兵庫県尼崎市長洲東通1-9-32 2F-B
090-2704-3317